強化型衝突被害軽減ブレーキ

高精度ミリ波レーダーで前車との車間距離を監視し、衝突の危険性がある場合は警報音で注意を促し、それでも回避操作が行われない場合は車両側でブレーキ制御を行い、さらに衝突の危険性が高まった場合には、より強化されたブレーキ制御で速度を一段と低減し被害を最小限に抑えます。

LDWS(車線逸脱警報装置)

高速走行時、ドライバーの運転状態をモニターし、注意力低下を警報するシステム。白線認識カメラや各種センサーの情報から運転注意力を測定し、必要に応じた警報で安全運転を促します。

ドライバーモニター(居眠り防止)

センサーが目の動きを感知して、居眠りを検知。ドライバーが自覚する前に居眠り・よそ見・わき見を警報し安全運転を促します。
※三菱ふそう製大型バス 初導入

ドライブレコーダー

本体左右に2つのカメラを搭載。180°のワイドビューで撮影が可能です。
高感度センサー採用により、街灯やヘッドライトの光だけでも撮影でき、状況判断が難しい夜間のトラブルに対応します。